イーグルアイ クラウド アーキテクチュア

Eagle Eye Architecture

クラウドオンデマンド方式に特化したアーキテクチュア構成
VMS(ビデオマネージメントシステム)の未来がここにあります。

イーグルアイ防犯カメラVMSは、真のクラウド・ベースのプラットフォームです。 クラウドサーバーにリナックスソフトウェアやウィンドウズソフトウエアを再実装したものではありません。 基本からクラウド用に設計された最新のソリューションです。 Tier4レベル(可用性レベルの最高基準)のデータセンターにより、数段階の冗長性を確保し、常にビデオが利用できる状態になっています。 また、大切なことですが、イーグルアイは第三者のクラウドベンダーに管理を委託するものではなく、自社のエキスパートによる管理を行っています。 より処理能力が高く、より巨大なデータを保管できるように、ビデオデータの処理に特化した基盤設計を行うことで、その厳しい要求仕様の実現に成功しています。  最も信頼性が高く、即応性、安全性の高いビデオデータ専用のソリューションを提供しています。 必要とあらば、100万台のカメラのビデオ録画も可能です。

Eagle Eye Bridge
現地でのバッファリング及びカメラ管理
インターネット回線が事故で不通になっても録画されています
現地のハードウェアにより、カメラの録画を絶対に停止しないようになっています。 インターネット回線が不通になった場合でも、イーグルアイ防犯カメラVMSは録画を続けます。 現地のブリッジが各カメラと常に交信し、作動状況を監視しています。 改竄されていないかの確認、動作検知の分析、ビデオデータの圧縮、ビデオデータの重複削除、ビデオデータの安全性の確保、暗号化等の処理を行っています。

Eagle Eye Secure Data Center

Teir 4 (最高レベル)データセンターによる高可用性を確保
超安全性、超信頼性
すべての冷却装置は独立二電源となっており、堅牢な冷暖房空調(HVAC)システムで管理されています。
蓄電供給設備を持つ耐障害性の高いインフラ施設により、99.995%の可用性を実現しています。
お客様のデータの安全性を真摯に考え、常に信頼性や冗長性の向上に努めています。
ethernet
通信速度自動調整管理(Intelligent Bandwidth Management™
実際の現実的なインターネット環境でのビデオ録画
弊社は、インターネットにおける現実の問題である帯域幅の制限に対して、帯域幅自動調整技術により、この問題を解決しました。 従来のクラウド録画システムは、帯域幅の制限による問題に直面していました。 独自に開発した多層帯域幅管理技術により、小規模から大規模の防犯カメラシステムをサポートすることができ、帯域幅を追加する必要は無くなりました。  
カメラの自動検出及び設定
クリックするだけで、カメラを設定することができます。
IPカメラ専用タイプのブリッジでも、アナログ/IPカメラ混在タイプのブジッジでも、簡単にカメラを接続することができます。 ブリッジは、自動的にカメラを検知し、ネットワーク設定も自動的に行います。 カメラの追加もクリックするだけで完了します。 各カメラのモデル向けのプロフィールが用意されており、そのカメラが接続された時に自動的に解像度、フレームレート、コーデックを設定します。 初期設定値はウェブブラウザーやスマートフォン用アプリから変更することができます。
gears