APIの使い方とコード例

HowTo
Eagle Eye Video APIをお使いになるにあたって、便利な例をいくつかご紹介します。ただし、ここに挙げてあるのは使用例ですので、実際の開発環境にそのまま転用できるものではありません。あくまでもAPIの様々な機能を異なる言語で実装する方法を理解しやすくするためのものです。また、今後も新しい例を追加していく予定ですので、参考にしてください。

CurlによるAPI呼び出し

こちらのページでは、Curlコマンドラインツールを使ってEagle Eye API呼び出しをフォーマットする方法を説明します。この方法ですと、オーバーヘッドを最小限に抑えてAPI呼び出しにアクセスすることができます。

詳細>>

CurlのAPI呼び出し例

このページでは、各Eagle Eye APIに対応するCurlフォーマットのコマンドのサンプルを紹介しています。

詳細>>

レイアウトの構築

ここではレイアウト用のAPIを説明しています。ウェブとモバイルのクライアントで使われる同じレイアウトの構築方法をご紹介します。

詳細>>

アノテーション

このチュートリアルでは、監視映像にアノテーションをつける方法を説明します。ログインから始まり、カメラIDの取得、映像へのアノテーション付け、そして映像の検索を順番に説明します。

詳細>>

ライブビデオの埋め込み

ご自分のアプリケーションにライブビデオを埋め込む方法を説明します。

詳細>>

ロングポーリング

ポールストリームのサブスクライブ方法とリアルタイムでカメライベントを受信する方法を説明します。

詳細>>

タイムラプス動画の作成

特定の時間枠でタイムラプス動画を作成する方法を説明します。

詳細>>