Eagle Eye Sign

Eagle Eye Networksについて

Eagle Eye Networksは、皆様に動画セキュリティを気軽にご利用いただくために設立されました。従来のカメラシステムは複雑で管理が難しく、高価なものでした。そこで弊社では、最新のウェブとクラウドのテクノロジーを活用することによってカメラを簡単に扱えるようにし、アクセスと堅牢性を向上させました。すべてをクラウド管理に移行してカメラ運用を弊社が代行することにより、多くの頭痛のタネを解消しました。

Eagle Eye Security Camera VMSを使うと、1台または複数台のカメラの映像を分析することが可能です。カメラの種類は問いません。ソフトウェアのインストールも大型サーバーの購入も不要です。弊社サーバーのクラウドがすべてを引き受けます。

Eagle Eye Networksと他社との違い

クラウドサービスというのは、ソフトウェアがどこにあるのかだけを意味するものではありません。徹底したアプローチに差が出るのです。当業界における多くのクラウドサービス成功例は、マルチテナント型のクラウドサービスに特化した設計と実装になっています。Eagle Eye Security Camera VMSは、大規模クラウドシステムの開発に実績のあるエンジニアのチームが注力して作り上げました。マルチテナントで堅牢で信頼性と拡張性に優れたシステムとして、ゼロから設計されたものです。このような製品は前例がないものだと弊社は自負しています。

この全体的アプローチは、既存のオンプレミスビデオ製品を後からクラウド用に改造するのとは違うという点が重要です。クラウドサービスを提供する企業として、Eagle Eye Networksはお客様に真の意味での「サービス」をお届けしたいと考えています。そこが製品を中心に考える会社との違いです。サービス会社としての弊社のゴールは、エンドツーエンドソリューションでお客様のニーズを満たすことです。