Eagle Eye Security Camera VMSとBrivo OnAirアクセスコントロールの統合

物理的セキュリティをクラウド上で統括制御

EEN-Brivo-866x1024

全システムをクラウドで運用するとメリットも倍増

Eagle Eye Networksは、Brivo社と提携することによってビデオ監視とアクセス制御を緊密に統合しました。これにより、管理者ユーザーは単一のログイン設定で両方の機能にアクセスできるようになったので、利便性が向上しています。

  • 完全クラウド運用(オンサイトPCの設置が不要)
  • メンテナンス不要
  • 必要に応じた料金体系
  • ワンクリックで入退室動画を表示
  • ワンクリックでドア異常イベント動画を表示
  • ライブ動画の表示
  • 動画とイベントを重ねて表示

クラウド上の統合
Eagle Eye Security Camera VMSはクラウド上でBrivo OnAirアクセスコントロールシステムと統合されているので、オンサイトでの統合作業は必要ありません。Eagle EyeとBrivoの統合ソリューションはいつでもセキュアに維持されています。

アクセスコントロールイベントとアクティビティがビデオと連動

  • ビデオとイベントの連動: 管理者権限を持つユーザーは、Brivo OnAirのインターフェイスにEagle Eyeカメラの参照画面を加えることができます。これは、動画内のイベントやアクティビティをアクセス制御システムで関連付けるときに便利です。
  • ドアやセンサーと監視カメラの関連付け: アカウントにカメラを追加すると、Brivo OnAirアカウント内に登録されているドアやセンサーにカメラを関連付けることができるようになります。この相互参照機能を使うと、OnAir上のタイムスタンプ付きイベントからEagle Eyeシステムの特定の動画クリップに直接アクセスすることができます。

Brivo Image 2

Brivo Image 3

BrivoのユーザーインターフェイスからEagle Eye Networks動画を直接管理

  • ビデオの表示とダウンロード: OnAirのアクティビティログに含まれるイベントデータは、Eagle Eyeシステムで録画した動画を管理者ユーザーが再生するのに利用できます。動画はBrivoのユーザーインターフェイスでも再生できますし、お使いのコンピュータにダウンロードすることもできます。
  • 複数のライブ動画を一括表示: Eagle Eyeからのライブ映像はOnAirの動画ページで見ることもできます。複数の動画を並べて表示することも可能です。
  • 関連動画を検索: OnAirユーザーの方は、ご自分のEagle Eyeアカウントに含まれる録画の中から特定のイベントやカメラ、時間帯をOnAirの動画検索ページで検索することができます。その検索結果とOnAirのタイムライン機能を使うと、システムイベントに対応する動画セグメントを表示したり、録画の中から特定のセグメントを再生したりダウンロードしたりすることも可能です。
  • モバイルアクセス: Brivo OnAirのモバイル管理アプリは、Eagle Eyeシステムの録画再生またはライブ動画表示にもお使いいただけます。

Eagle Eye Networksユーザーインターフェイスとの連結

Brivo OnAirのホームページにはEagle Eyeアカウントへジャンプできるボタンがあります。これを使うとEagle EyeアカウントにログインしてEagle Eye独自のユーザーインターフェイスに移動できます。

Eagle Eye Security Camera VMS + Brivo OnAir統合ソリューションのデモ動画